皆川病院
社会的使命と医療の公平性を重んじ、地域社会に貢献する。 地域密着の医療機関として、しっかりと地域の声に耳を傾けていく。
医療法人社団 隆成会についてお問い合わせ 0284-91-2188

当院について

医療と介護]を通じて地域のために。

当院は、1974年(昭和49年)11月、皆川外科胃腸科医院として、初代院長 皆川規雄が開院いたしました。
常に社会的使命と医療の公平性を重んじ、地域社会に貢献し、また、隆成会の理事長として福祉にも深く関わりを持ってきました。
その父が平成19年に他界。亡父の遺志を継ぎ、第二代理事長兼院長に就任いたしました。
私共は、地域密着の医療機関として、しっかりと地域の声に耳を傾けたこの地域のニーズに合った診療が必要だと考えております。
スタッフ一同、常に愛情·信頼·誇りをモットーとし、患者様ご本人またご家族を含め、個々にあった方針を立て、小回りの利く医療を目指しております。
また、同敷地内に介護施設も併設しており、医療·介護を通じて幅広く地域に貢献したいと考えております。
今後も、地域の皆様に信頼される安全で質の高い医療を提供できるよう、法人理念の下、職員一同努めてまいります。

理事長兼院長 皆川 智海

当院の基本理念

笑顔と思いやりを持って患者さんを癒す。

  1. 病を癒すために患者さん、ご家族、職員が一体となった高度かつ良質なチーム医療を目指します。
  2. 「笑顔と思いやりをもって患者さんを癒す」をモットーに、住民がいつでも安心してかかれて、
    患者さん·ご家族·職員が満足できる病院を目指します。
  3. 患者さん優先の開かれた病院として、安全で質の高い医療を提供し、地域社会に貢献します。

当院の基本方針

真の医療を目指す。

当院における医療、もしくはそれに準ずる全ての事業は、単に利潤を追求するのではなく、
真の医療を目指し発展させるべく努力し、広く社会に還元されなければならない。
そのためにも、 ここに従事する全ての職員は、心身ともに統一を図り、
慈悲と向上の精神をもって広く人々に接しなければならない。

沿革

昭和49年
11月病床7床の「皆川外科胃腸科医院」開設
昭和52年
7月同医院、病床19床に増床
昭和59年
4月診療施設増築
平成元年
「皆川病院」に名称変更。
診療科目増設、病院として病床39床に増設
平成3年
12月「医療法人社団隆成会」設立
平成7年
3月「介護老人保健施設四恩苑」開設
入所定員50名 短期入所定員10名 通所定員20名
平成11年
1月「皆川病院」一般病床48床に増床
11月居宅介護支援事業「老人保健施設四恩苑」開設
12月皆川病院療養型病床40床増設(総病床数72床となる)
平成16年
2月居宅介護支援「まごころ」に名称変更
平成17年
4月認知症対応型共同生活介護グループホーム 「あじさい」開設
平成19年
1月23日初代院長皆川規雄死去
1月24日理事長 皆川智海 就任
院長 橋場 麻希子 就任
平成20年
4月1日理事長兼院長皆川智海就任
平成21年
11月新外来棟·新四恩苑食堂新設
平成29年
11月皆川病院 地域医療連携室開設
平成30年
7月1日地域包括ケア病床開設