設備紹介

最新の検査機器で、あなたの健康状態をくまなくチェックします。

主要医療機器

CTスキャン(マルチスライス)

マルチスライスCTでは、短時間で撮影ができ各臓器を立体的に評価できるため、一般レントゲン撮影などでは見つからない異常や腫瘍の発見が可能です。

透視撮影

Ⅹ線の透過像をモニター上に写し出し、バリウムによる胃や大腸の造影検査を行います。

内視鏡検査・経鼻内視鏡

*上部消化管内視鏡検査
従来の経口内視鏡の他に、経鼻内視鏡を導入しております。鼻にスムーズに挿入できる約5mmの細さで、従来の内視鏡と比べて苦痛が軽減されました。 吐き気が少なく、検査中の会話も可能です。
*下部消化管内視鏡検査(大腸ファイバー)
近年、食生活の欧米化に伴い、大腸がんの罹患率は増加しています。大腸ポリープや早期大腸がんであれば、内視鏡で切除可能な場合も多いため、 下血のある方、また便潜血陽性の方は検査することをおすすめします。

マンモグラフィ(乳房X線撮影装置)

今、日本人女性の25~30人に一人が乳がんにかかるといわれています。食生活やライフスタイルの変化に伴い、日本での患者数はますます増加すると予想されます。乳がん検診をうけることをおすすめします。マンモグラフィは乳がんの早期発見に有効な画像診断装置です。視診や触診では発見されないごく早期のがんの発見が可能です。

  • 当院には、精中委検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師及び、読影認定医師が在中しております。
  • マンモグラフィについては、女性技師が対応する体制をとっております。(不在時も有り)
超音波(カラードップラー)

超音波を利用して、消化器系臓器を中心とした腹部領域から、乳腺、甲状腺といった表在臓器の検査が行えます。また、頚動脈 の動脈プラーク検査、心臓の血流の流れ、収縮の状態を検査する心エコー検査が行えます。

超音波骨密度測定装置

骨密度を知ることができます。検査時間は約3分。椅子に掛けて足を装置においていただくだけで手軽に検査できます。骨粗しょう症の早期発見、予防に効果的です。

血圧脈波検査装置

わずかな時間で簡単に血管の状態がわかります。血管年齢、動脈硬化度を測定し、血管状態を定期的にチェックしましょう。

PAGE TOP